Still Life

北欧の旅 – フィンランド編 Day2

2014年6月21日

せっかく自然豊かな国に来たので、その自然を満喫したいと思い、2日目はフィンランド最大の湖であるサイマー湖へ。目的の街はSavonlinna。電車で片道4時間強の旅でした。

朝7:12にヘルシンキ中央駅を出発する鉄道のチケットを買って、出発。チケットは片道約EUR60.- 自動券売機で買えました!

Helsinkiからは座席指定の特急電車(InterCity)。ゆったりとしていたので長旅でも快適です。

食堂車も着いてました!!

途中乗り換えは一回、Parikkalaという駅でよりローカルな鉄道に乗り換えます。

Rolleiflex_20140621_15

トータルで4時間以上の旅でしたが、車窓から森の木々が流れていく様をみたり、車内をお散歩したりしていたらあっという間に目的地に到着した印象です。

 

Savonlinnaは雨ときどき曇り。

一瞬雨があがっているうちに、湖沿いをスタスタとお散歩。鳥さんもたくさんいました!!

そして、こちら⬇がドラクエ1の竜王の城のモデルと言われているオラヴィ城。

お天気が悪くて、悪い城っぽさがでたように思いますw

中も見学してきましたよ。

観光スポットは以上なので、その後は森や街の家々を巡り写真をひたすら撮って歩きました:)

Rolleiflex_20140621_03_02_flickr

Rolleiflex_20140621_01_flickr

 

ものすごい木を発見w。

Rolleiflex_20140621_06_sml

到着から約4時間後、15:30にヘルシンキ行の帰りの鉄道に乗車して、日帰りトリップは終了〜。

1泊できたなら、Savonlinnnaより手前にある森と湖だけの場所を何時間かかけてハイキングしたかったな。

 

comment-(0)

北欧の旅 – フィンランド編 Day1

日本の梅雨を抜け出して初夏の北欧へと旅してまいりました。
今回はのテーマは”北欧の自然とデザインを楽しむ”。

写真と共に1日毎に思い出を記録していきます!

2014年6月20日

成田空港からフィンランドのヴァンター空港までFINAIR直行便で約9時間。
日本から一番近いヨーロッパです。
空港は過度な装飾のないシンプルでモダンなデザインでした。

ヘルシンキ中央駅まではエアポートバスにて。
約30分で到着しましたが、ヘルシンキ市内はあいにくの雨。
とはいえ、フィンランド時間でまだ午後早い時間だったので、ホテルにチェックイン後、ヘルシンキ市内を徒歩で散策しました。
この時期の日の入りは23時頃なので、まだまだまだまだ歩けますw

ヘルシンキ市内はトラムがあちこちを走っています。市内観光の移動にはとても便利な交通手段です。
なんとなくポルトガルのリスボンを思い出しました:)

しかーし物価が高いフィンランド。
トラムの切符はどこで切符を買うかにもよるけれど1回€2.5(日本円で約370円)。高い。。。
一日中トラムを利用するならば1日券(24時間)€8や3日券を購入した方がリーズナブルでした。

実はこの日、夏至祭(国民の祝日)前日。
イブの日はフィンランドの人々はみーんなお仕事をお休みしてパーティーを楽しむ慣習があるそうです。
よってお店はほとんどCLOSE…歩いている人は観光客のみ…
わかりやすく言うと日本の元旦みたいな感じ。
夏至祭は避けてくるべきでした。。。汗

これもよい勉強。
夏至祭当日は影響が少ないであろう田舎に行くことにしました。
市内をゆっくりみてまわれてよかったということで1日目はまとめます〜w

 

comment-(0)

空さんプチ写真集

来週の火曜日6月3日から参加するグループ写真展 “Travel Photography“では、空さんのプチ写真集も公開します。

ちっちゃなCDジャケットサイズの写真集です。

空20140531

 

comment-(0)

夜の写真

珍しく夜の写真撮影の練習に行ってきました。

まずは銀座の交差点周辺。その後は国際フォーラムへ。

夜といってもネオンが明るくて賑やかな写真が撮れました。

たまにはこういう違った写真を撮るのも楽しいものですね!

(三脚は使わずISO3200の設定で撮ったため多少画像が粗いのでございます。)

ginza01_square_sml

ginza03_square_sml

ginza04_square_sml

 

comment-(0)

森を歩く

たくさんの花が咲き、木々の緑が生き生きと呼吸している。

木漏れ日が風で揺れている様子にも心ときめく。

初夏の森には歩く楽しみがたくさん隠れてるね。

 

comment-(0)

Copyright 2013 AKEMI MATSUMOTO. All Rights Reserved.