Still Life

ご無沙汰しております。& 北欧の旅 – スウェーデン編 Day1

約1年半ぶりの更新です。
北欧の旅の後、大切な家族を見送ったり、新しい家族ができたり、人生において大きな節目を迎えておりました。
諸々生活が落ち着いてきたので、サイトの更新もちょっとづつ再開です。

まずは、北欧旅日記が中途半端な状態になってしまっているので、スウェーデン編を楽しかった思い出として綴っていきたいと思います。

2014年6月25日

14時間の船旅を終え、ストックホルム・バッタムン港(Vartahamnen)に到着しました。

到着後、地下鉄T-CENTRALEN駅で3日間のトラベルカードを買い準備OK。

まずはストックホルムの名陶グスタフスベリへ。

無事にお目当てのリサ・ラーソンのライオンをGetしました。

帰りの荷物を考えてあまりその他の食器を買いすぎないように自粛したのですが、今思うとせっかくなのでもっと定番モノをGetすればよかったな。。。

B級品などはカゴにバサッと山盛りで積んであって、日本で購入するよりはだいぶ手頃な価格でした。

そして、グスタフスベリの帰りには魔女の宅急便のモデルとなったとも言われているガムラ・スタンへ寄り道。

The北欧なテイストのおしゃれなカフェを発見して、ちょっと休憩。
 
Rolleiflex_20140625_21_sml

Rolleiflex_20140625_15_sml

Rolleiflex_20140625_16_sml


Fabrique Gamla Stan

旅も中盤を迎え、北欧の街並みにだいぶ目が慣れてきた頃だったと思います。

こうして今、旅の思い出として振り返ると、どれもこれも新鮮に感じる景色です。

 

comment-(0)

北欧の旅 – フィンランド編 Day5

2014年6月24日

フィンランド最終日。午後には大型客船シリアラインにて、スウェーデンへ出航です。

午前中はこれまでに見逃したスポットを中心にヘルシンキの街中を散策。

 

こちらヘルシンキ大聖堂。立派でした。

観光スポットなので、たくさんの観光バスにより観光客が案内されてました。

人があまりいない風に写真撮るのが難しかったw

 

【ヘルシンキ=>ストックホルム】

ヘルシンキとストックホルムを結ぶ大型客船は、シリアラインとバイキングラインの2種類あります。

違いはどうやらバイキングラインの方がひとまわり小さくて、船内は質素。お値段もリーズナブルなようです。

私は今回、様々なガイドブックでオススメとされてたシリアラインに乗船しました!

 

ヘルシンキのオリンピアターミナル(Olympia Terminal)を出港して、スカンジナビア半島の

ストックホルム・バッタムン港(Vartahamnen)まで約14時間の旅。

船内にはショッピング街やレストランが充実しているアーケード、サウナ、乗客をワクワクさせる要素がいっぱい。

お出迎えにムーミンとミーがでてきたのにはちょっとビックリでした。 特にミーがリアルで怖かったw

出航時にはデッキで青空の下、皆アルコールを片手に乾杯♬

沢山のかもめがお見送りにしばらくついてきましたよ。鳥好きだから嬉しかったw

出航直後には世界遺産スオメンリンナ島などの島々が浮かぶ海峡を抜け、ヘルシンキにお別れです。

海の上を緩やかに進む旅。慌ただしく動いていた前半の旅の疲れを癒すのに最適な時間でした^^

今回滞在した客室は海側に面したお部屋。

コンパクトでしたが、いつでも海を眺めることができる贅沢な環境です。

通路の反対側にはアーケードに面しているお部屋もありましたが、個人的には海に面した部屋がオススメ♬

船の上でそれぞれの時間を費やし、少しずつスウェーデンへと近づいていきます。

 

comment-(0)

北欧の旅 – フィンランド編 Day4

2014年6月23日

郊外への日帰り旅行が続いたフィンランドでしたが、4日目はヘルシンキ市内の散策に。

中央駅をトラムまたは徒歩で南下していくと、小さな島々に面した海岸沿いにでます。

雨が降ったり、雲が多い天気が続いてましたが、この日はようやく太陽が顔を出してくれました。

海面に移る雲の切れ間やボートが幻想的で、この景色は旅の中でもとても印象に残る思い出の瞬間です。

さらにボートで数分の小さな島に上陸してみると、海のガソリンスタンドを発見w

鳥は育児の季節だったようで、島にはたくさんの鳥の親子が住んでました。

赤ちゃん鳥は毛がふさふさで可愛かったな〜^^。


島と海岸沿いを満喫した後は、滞在していたホテルへ戻りつつ、ウィンドウショッピングしたり、マーケットまで足を伸ばしてみたり。。。

ヘルシンキは小さな街なので、歩きやすい靴を持参すれば徒歩で観光できちゃいます!



さすがに重いカメラを2台も持って歩いたので、最後はアカデミア書店内のアアルト・カフェで休憩。

シンプルで、光がきれいな場所♬。

前日までの空模様が嘘のような、お散歩日和な滞在4日目でした^^

 

comment-(0)

北欧の旅 – フィンランド編 Day3

2014年6月22日

フィンランド滞在3日目は、伝統的な街並みが残る田舎町ポルヴォーへ。

現地の大学で写真の先生をされているSamiさんご夫妻の車に乗せていただき、遊びに行ってきました。

写真にあるようにフィンランドでは赤土色の壁のおうちが伝統的な建築手法で建てられていたそうです。

川沿いにこんな可愛い雰囲気のおうちが並んでいたら、写真好きでなくてもたくさん撮りたくなってしまいますよね^^

私も例外なく同じような写真をたくさん撮っておりました。現像してびっくりw

 

街の一角にあるプロテスタントの白い教会では、結婚式が行われていました。

素朴な教会での結婚式、絵になります。。。

この街のメインストリート(といっても50mくらいの長さです)には、いくつかのレストランとアンティーク雑貨屋さん、お土産屋さんが並んでいました。

アンティーク雑貨屋さんではittalaやarabiaの年代ものもありました。掘り出し物を見つける事ができたらラッキーかも。

 

comment-(0)

北欧の旅 – フィンランド編 Day2

2014年6月21日

せっかく自然豊かな国に来たので、その自然を満喫したいと思い、2日目はフィンランド最大の湖であるサイマー湖へ。目的の街はSavonlinna。電車で片道4時間強の旅でした。

朝7:12にヘルシンキ中央駅を出発する鉄道のチケットを買って、出発。チケットは片道約EUR60.- 自動券売機で買えました!

Helsinkiからは座席指定の特急電車(InterCity)。ゆったりとしていたので長旅でも快適です。

食堂車も着いてました!!

途中乗り換えは一回、Parikkalaという駅でよりローカルな鉄道に乗り換えます。

Rolleiflex_20140621_15

トータルで4時間以上の旅でしたが、車窓から森の木々が流れていく様をみたり、車内をお散歩したりしていたらあっという間に目的地に到着した印象です。

 

Savonlinnaは雨ときどき曇り。

一瞬雨があがっているうちに、湖沿いをスタスタとお散歩。鳥さんもたくさんいました!!

そして、こちら⬇がドラクエ1の竜王の城のモデルと言われているオラヴィ城。

お天気が悪くて、悪い城っぽさがでたように思いますw

中も見学してきましたよ。

観光スポットは以上なので、その後は森や街の家々を巡り写真をひたすら撮って歩きました:)

Rolleiflex_20140621_03_02_flickr

Rolleiflex_20140621_01_flickr

 

ものすごい木を発見w。

Rolleiflex_20140621_06_sml

到着から約4時間後、15:30にヘルシンキ行の帰りの鉄道に乗車して、日帰りトリップは終了〜。

1泊できたなら、Savonlinnnaより手前にある森と湖だけの場所を何時間かかけてハイキングしたかったな。

 

comment-(0)

Copyright 2013 AKEMI MATSUMOTO. All Rights Reserved.